残暑見舞い.jpg

残暑お見舞い申し上げます

4か月ぶりに箱からでて暑さに驚いております。

2022年春にむけてゆるりと活動を始めようとは思っております。新着情報など今しばらくお待ち願います。

 

​宮島福よせ雛

令和3年(2021年)3月3日~4月4日まで

姿はお雛様なのに やっていることはまるっきり私たちと同じ生活。お買い物を楽しんだり、ガイド仲間同士がおしゃべりしていたり。雛段を卒業して自由に宮島で引退生活を送る「宮島福よせ雛」たちに会いに、ぜひ来春宮島にお越しください。

​​毎年恒例!宮島の各家のお雛様が見られる「宮島雛めぐり」は3月20日スタート。こちらもお楽しみに。

DSC_1641[1].JPG
DSC_1641[1].JPG

press to zoom
DSC_1641[1].JPG
DSC_1641[1].JPG

press to zoom
 

​​Facebook、Instagramもやっています!

​​#宮島福よせ雛 #福よせ雛 で応援してね

 

イベント概要

開催時期(予定): 令和3年(2021年) 3月3日~4月4日

開催場所: 宮島島内各所

メイン会場:・おもてなしトイレ2F休憩スペース ・大聖院

            

主催  宮島町商工会女性部​

協力  宮島観光協会 ・大聖院  ・廿日市市

 
DSC_2317.JPG
 

​福よせ雛企画 「福印帳」の楽しみ方

福印帳を買って

〇「福印」シールを集めにチャレンジ!

〇​お寺でミニ御朱印(福印)を集める!

※志納金をご用意ください

※授与されるお寺はマップ等をご確認ください

​28頁全部埋まるとオリジナルグッズがもらえます

福印帳画像1.jpg

〇宮島では5つのお寺、大聖院、光明院、徳寿寺、存光寺、真光寺で福印(小さな御朱印を福印とよんでいます)を頂けます。

(志納金をご用意ください)

〇福よせ雛開催期間中は福印シールラリー(スタンプラリー)の台紙としてご利用いただけます。

  • 福よせ雛展示店舗では福印帳提示の方に「福印シール」をお渡しいたします。

  •  福印、および福印シールで福印帳28ページがいっぱいに(満願に)なりましたら、満願達成記念品をプレゼントいたします。

  • ※寺社様の福印は2ページ分の大きさになります

  • 店舗内でお買い上げいただいた方にはもう一枚シールをお渡しする店舗もございますので(各店でご確認ください)満願達成にぜひチャレンジください。


​〇福印帳の販売場所、福印シールのもらえるお店等は「福よせ雛を飾るお店、福印を授けるお寺」のページ、および宮島内各所で配布しております「福よせ雛マップ」をご覧ください。

​〇満願達成記念品の引換は

宮島TOTOおもてなしトイレ

宮島桟橋観光案内所

(どちらも10時~17時)にて行います(予定)

 
HP用クリアファイル.jpg

​​福印帳満願プレゼント

宮島特製オリジナルクリアファイル

非売品のクリアファイル。宮島オリジナルの福印帳はこのデザインから作られています。福印帳裏表満願の方にプレゼント!
宮島以外の福よせ雛開催地域でのスタンプも入ってオッケー!!

 

福印帳について

​バックグラウンド

福印帳サンプル1.jpg

福よせ雛プロジェクトでは、このたびミニサイズの御朱印帳、「福印帳」を作り販売をスタートいたしました。

福印帳を作るのは各開催地域の障害者福祉施設のみなさんで、彼らは私たち福よせ雛プロジェクトの一員であり仲間です。宮島の担当は廿日市市の「あおぞら」さんと「そらまめ」さんです。お手元に置いて下さる皆様の健康と幸せを願って彼らが1つずつ一生懸命に作っています。

福印帳の収益は作って下さっている施設のみなさんと、各福よせ雛チームが活動を続けていくための資金として、雛段を降りたお雛様たちを輝かせるために分配されます。​

皆様のご支援をどうかよろしくお願いいたします。

福印帳の活用は皆さまそれぞれにお楽しみください。

御朱印帳として対応して頂ける寺社様は全国的にみるとまだ少ない状況ですので受付でのお声がけにご配慮が必要かと思われます。ですが、積極的に対応して下さる寺院様も全国にございます。今後全国で対応して頂ける寺社様の情報をこちらからも発信してまいります。

宮島では五つの寺院様が福印授与(小さい御朱印を福印とよびます)にご協力くださいます。宮島にお越しになる、またお寺にお参りするきっかけとなれば幸いに存じます。

また宮島では福よせ雛開催期間中にスタンプラリー「福印シール集め」の台紙としてお楽しみいただけるよう企画しております。皆様の福よせ雛めぐりのお楽しみのひとつに加えて頂ければ幸いです。

 
iwamura2.jpg

福よせ雛とは

現代の諸事情でご家庭で飾られることがなくなったお雛様、まだ美しいままやむを得ず手放さなければならないお雛様を「もう一度何かの役にたててあげたい」という持ち主様の想いを受け、名古屋で平成21年に立ち上げられたプロジェクトです。


◆福よせ雛プロジェクトチームの理念と目的

ご家庭の事情で不要となり処分しなくてはならない雛人形を預かることで持ち主の(雛人形を捨てた)という罪悪感が和らぐように寄り添い、また、届けられた雛人形の第二の人生を有効に活用するため、福よせ雛として再生し活躍の場を作ることを理念とし、再生された福よせ雛を使って福よせ雛事業を推進することで各団体事業所及び地域の活性化を図り、ひいては日本の観光事業の一助となすことを目的とします。



七段飾りを降りて引退生活を楽しむ躍動感あふれる姿に共感したり、思わず笑みがこぼれてきます。福よせ雛に関わる皆様すべてに、福がくるようにとの思いを込めて「福よせ雛」と名付けられました。

詳しくは下記「福よせ雛プロジェクト本部事務局HP]をご覧ください。

DSC_1784%5B1%5D_edited.jpg

お雛様のお預かりについて

多くの皆様からお雛様をお送り頂き心より感謝申し上げます。ご寄贈頂きました皆様の想いを大切に受け止め活用させて頂きます。保管場所の都合で現在、宮島での受付は終了いたしましたが、奈良県でも​福よせ雛プロジェクトがスタートし、現在お雛様を募集中です。

古の都、奈良市でお雛様の第二の人生を送ることをご検討いただけると幸いです。

詳しくはこちら
yamamurakehina_edited.jpg

みやじま雛巡りについて

宮島の家に古くから伝わる雛人形を「多くの方にご覧いただきたい」という想いから「雛めぐり」は平成13年にスタートしました。江戸時代、明治、大正、昭和の時代に作られ、ご家庭で大切に受け継がれてきた雛人形を展示する催しです。


​令和3年は3月20日~4月3日の開催です。

 

お問合せ

福よせ雛in宮島 実行委員会代表

山村 ゆう子 

℡090-5880-7048 fax 0829-44-2175

〒739-0525 廿日市市宮島町280 やまむら商店

宮島町商工会 担当 ひろふじ

℡ 0829-44-2828 fax 0829-44-2829

〒739-0588 廿日市市宮島町527-1

※月~金 9時~17時

​メールでのお問い合わせは下のメールフォームからお問合せください

 

メールでのお問合せ

送信が完了しました。